2018年7月28日土曜日

今週のお花

7月29日
主は仰せられた。「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを確かに見、追い使う者の前の彼らの叫びを聞いた。わたしは彼らの痛みを知っている。」
(出エジプト記3章7節)

相模原・尾島の講壇交換礼拝で、吉井丈雄師がメッセージを取り次がれました。

今週のお花

7月22日
すべての訓練は、そのときは喜ばしいものではなく、かえって苦しく思われるものですが、後になると、これによって鍛えられた人々に、義という平安の実を結ばせます。
(へブル人への手紙12章11節)

今月のオープン礼拝でした。

今週のトピック

7月15日
今日は礼拝後、町田・相模原防災フェスタが開かれて、小坂忠師、佐藤彰師がご奉仕して下さいました。

今週のお花

7月8日
イエスは、酸いぶどう酒を受けられると、「完了した」と言われた。そして、頭をたれて、霊をお渡しになった。
(ヨハネの福音書19章30節)

今週のお花

7月1日
ピラトは罪状書きも書いて、十字架の上に掲げた。それには「ユダヤ人の王ナザレ人イエス」と書いてあった。
(ヨハネの福音書19章19節)

今週のお花


6月24日
あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。
(エペソ人への手紙2章8,9節)



今年の特別オープン礼拝は、ラルフ クラットワージー先生をお迎えしました。

2018年6月22日金曜日

今週のお花

6月17日
「わたしが王であることは、あなたが言うとおりです。わたしは、真理のあかしをするために生まれ、このことのために世に来たのです。真理に属する者はみな、わたしの声に聞き従います。」
(ヨハネの福音書18章37節)

今週のお花

6月10日
彼らは、「ナザレ人イエスを」と答えた。イエスは彼らに「それはわたしです」と言われた。イエスを裏切ろうとしていたユダも彼らといっしょに立っていた。
(ヨハネの福音書18章5節)

今週のお花

6月3日
「そして、わたしは彼らにあなたの御名を知らせました。また、これからも知らせます。それは、あなたがわたしを愛してくださったその愛が彼らの中にあり、またわたしが彼らの中にいるためです。」
(ヨハネの福音書17章26節)

2018年5月29日火曜日

今週のお花

5月27日
「わたしはあなたがたに平安を残します。わたしの平安を与えます。わたしは、世が与えるのと同じようには与えません。あなたがたは心を騒がせてはなりません。ひるんではなりません。」
(ヨハネの福音書14章27節)【新改訳2017】

今月のオープン礼拝でした。

今週のお花

5月20日
そこで、ペテロは彼らに言った。「それぞれ罪を赦していただくために、悔い改めて、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。」
(使徒の働き2章38節)【新改訳2017】

今年のペンテコステ(聖霊降臨記念)礼拝でした。

今週のお花

5月13日
「わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」
(ヨハネの福音書16章33節)

今週のお花

5月6日
「その方が来ると、罪について、義について、さばきについて、世にその誤りを認めさせます。」
(ヨハネの福音書16章8節)

今週のお花

4月29日
神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。
(ヨハネの手紙第一4章9節)

今月のオープン礼拝でした。

今週のお花

4月22日
「わたしはもはや、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべは主人のすることを知らないからです。わたしはあなたがたを友と呼びました。なぜなら父から聞いたことをみな、あなたがたに知らせたからです。」
(ヨハネの福音書15章15節)

2018年4月22日日曜日

今週のお花

4月15日
「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。」
(ヨハネの福音書15章5節)

今週のお花

4月8日
「わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。」
(ヨハネの福音書14章16節)

今週のお花

4月1日
「また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」
(マタイの福音書28章20節)

今年のイースター礼拝でした。

今週のお花

3月25日
「私が、主に逆らって、主に油そそがれた方、私の主君に対して、そのようなことをして、手を下すなど、主の前に絶対にできないことだ。彼は主に油そそがれた方だから。」
(サムエル記第一24章6節)

今月のオープン礼拝は、尾島チャペルの吉井丈雄先生がメッセージされました。

2018年3月24日土曜日

今週のお花

3月18日
イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」
(ヨハネの福音書14章6節)

今週のお花

3月11日
「あなたがたに新しい戒めを与えましょう。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」
(ヨハネの福音書13章34節)

今週のお花

3月4日
「わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしはあなたがたに模範を示したのです。」
(ヨハネの福音書13章15節)

今週のお花

2月25日
「わたしは光として世に来ました。わたしを信じる者が、だれもやみの中にとどまることのないためです。」
(ヨハネの福音書12章46節)

今月のオープン礼拝でした。

今週のお花


2月18日
「また、わたしを見る者は、わたしを遣わした方を見るのです。」
(ヨハネの福音書12章45節)

2018年2月15日木曜日

今週のお花

2月11日
「まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。」
(ヨハネの福音書12章24節)

今週のお花

2月4日
マリヤは、非常に高価な、純粋なナルドの香油三百グラムを取って、イエスの足に塗り、彼女の髪の毛でイエスの足をぬぐった。家は香油のかおりでいっぱいになった。
(ヨハネの福音書12章3節)

今週のお花


1月28日
イエスも、すぐに、自分のうちから力が外に出て行ったことに気づいて、群衆の中を振り向いて、「だれがわたしの着物にさわったのですか」と言われた。
(マルコの福音書5章30節)

今月のオープン礼拝は、蔦田康毅先生を講師としてお迎えしました。

今週のお花

1月21日
また、ただ国民のためだけでなく、散らされている神の子たちを一つに集めるためにも死のうとしておられることを、預言したのである。
(ヨハネの福音書11章52節)

今週のお花

1月14日
「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。 また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」
(ヨハネの福音書11章25,26節)

2018年1月10日水曜日

今週のお花

1月7日
「この病気は死で終わるだけのものではなく、神の栄光のためのものです。神の子がそれによって栄光を受けるためです。」
(ヨハネの福音書11章4節)

今週のお花

1月1日
いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。
(ガラテヤ人への手紙2章20節)

新年の元旦礼拝でした。

今週のお花

12月31日
教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。
(エペソ人への手紙1章23節)

今年の年末感謝礼拝、聖餐式も行われました。

今週のお花

12月24日
「あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」
(ルカの福音書2章12節)

今年のクリスマス礼拝、洗礼式も行われました。

今週のお花

12月17日
彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。」
(マタイの福音書1章20節)

今週のお花

12月10日
マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」
(ルカの福音書1章38節)

今週のお花

12月3日
ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。
(イザヤ書9章6節)

今週のお花

11月26日
教会は彼のために、神に熱心に祈り続けていた。
(使徒の働き12章5節)

今週は、尾島チャペルから吉井丈雄先生が来られました。